自分でできる足のマッサージについて

マッサージは血流をよくして凝り固まった筋肉をほぐすことができるので美容に効果があります。

足や首などは自分でも簡単にマッサージすることができるので空いた時間に行うことで冷え症やむくみ防止などに効果があります。足裏はたくさんのつぼがあり軽く刺激することで体全体に効果があります。ふくらはぎはマッサージすることでリンパのつまりを解消してむくみを防止することが可能です。足裏をほぐす際はまず足湯をしたり温めたタオルで包み込むなどして温かくしましょう。

温めてからマッサージするだけで効果が上がります。また、左足は心臓のつぼがある足なのでまず左足から行うようにしましょう。足つぼは左足を中心に行うことでリンパの流れがよくなり高い効果が期待できます。できればオイルやクリームを足に塗りすべりをよくすることでまさつによる肌への負担が軽減され保湿効果も高まります。自分で行う場合はまず土踏まずの部分をゆっくりとほぐしましょう。指で押してもこぶしなどをあててすべらせるなど刺激の強さは自分の好みに合わせましょう。

痛ければ効くと思われがちですがそういう訳でもないので力加減には注意しましょう。土踏まずから足裏全体をほぐすことで胃や心臓、甲状腺や腰などに効果があります。親指や指全体をほぐすことで頭や首、目などの疲れに効果があるので順番にゆっくりとほぐすと良いでしょう。ふくらはぎは下から上に向けてリンパを流していくイメージでマッサージするとむくみがとれてすっきりします。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *