足裏のセルフマッサージについて

足裏をマッサージすることによって血の巡りがよくなり美肌効果が期待できます。

足裏のマッサージは自分で行うこともできるのでやり方さえ覚えればお金をかけずに身体を健康的に保つことが可能です。特に知識などはなくても血行をよくする効果を得られるのでセルフマッサージを覚えることをおすすめします。足裏をほぐす前に身体を温めることが大切です。温めたタオルで足裏を包んだり足湯をするなどしてからほぐすとより効果を実感できます。お風呂上がりやお風呂の中でも行えるので身体が温まっているときに行うよう心がけましょう。

オイルやクリームを軽く足湯につけてほぐすことで肌にかかるまさつが軽減されるので肌荒れの心配がありません。またオイルやクリームによって保湿効果もあるので足の裏がかさかさの人にはおすすめできます。まずは心臓のつぼがある左足から行うようにしましょう。そうすることによって老廃物が流れやすく効果が高まります。つちふまずの部分を親指か拳でゆっくりとほぐします。

つちふまずの部分は胃のつぼになるのでストレスを感じている人や食べすぎ、疲れがたまっている人に効果があります。上から下へ老廃物を流すイメージでマッサージしましょう。つちふまずから足裏全体をほぐしたら指をほぐします。親指は頭や首のつぼがあるので肩凝りや頭痛に効果があります。足裏を自分でマッサージすることによって血行がよくなり肌がきれいになったり食欲増進、疲労回復など様々な効果が期待できます。特にお金もかからず空いた時間に気軽に行えるのでおすすめです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *