セルフマッサージの効果を高める方法

マッサージをすることによって筋肉の緊張がほぐれて血行がよくなります。

それによりストレス解消や腸の働きがよくなるなど健康促進効果が高まります。健康になれば肌がきれいになるなど美容効果も期待できるので定期的に凝り固まった筋肉をほぐすことは大切です。セルフマッサージを行うことによって自分でも簡単に健康促進効果を実感することができます。セルフマッサージを行う場合はできるだけ高い効果を実感するためにいくつかの点に注意しましょう。まず身体をほぐす前にお風呂に浸かったりストレッチを行うなどして全身の血行をよくしましょう。

身体が温まっているとマッサージの効果は高まるのでおすすめです。まずは足裏からほぐしていくことでより血流がよくなります。自分でほぐす場合は足裏やふくらはぎ、首や手などです。まず左足の土踏まずからゆっくりとほぐしていきましょう。足にはオイルを少し塗ってほぐすと肌に刺激が少なくリンパの流れがよくなるのでおすすめします。土踏まずを中心に足裏全体をほぐすことで胃や甲状腺、腰など様々なところに効果があります。

親指から指全体をストレッチしたりほぐすことで頭や首、目がほぐれます。その後はふくらはぎを下からほぐしていきリンパを流していきましょう。ふくらはぎから膝の裏まで拳や指をすべらせるようにするとむくみがとれてすっきりします。足が終わると首の付け根あたりを指でゆっくりとおしながらほぐしましょう。頭蓋骨にそった部分をマッサージすると目や首、肩の緊張がやわらいで頭痛や肩凝りに効きます。
西宮の腰痛整体のことならこちら

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *