ニキビが気になるときに食べるべきものとは

ストレス社会と言われるこの時代、肌トラブルも尽きません。

特に、「ニキビ」は美容の大敵として、誰もが苦しんだ経験があることでしょう。そんなニキビができてしまったとき、本当の意味で改善を目指すには、体の外側からの治療だけではなく、内側から変えていく必要があります。睡眠不足や環境的な要因など、原因となる要素は多く存在しますが、特に食生活は重要です。ニキビの改善や予防のためにとるべき食べ物は、大きく5つの栄養素に分類して考えられます。

ひとつめは「ビタミンA」を含む食品です。皮膚の乾燥を防ぎ、粘膜を正常に保つ効果があります。栄養豊富な食品として代表的なレバーや、しそ、ほたるいか、パセリなどに多く含まれています。次に「ビタミンB2」です。皮脂の過剰分泌を抑え、ニキビだけではなく口内炎の予防にも効果があります。レバー、特に豚レバーや、うなぎ、うずらの卵を食べると、効率的に摂取できます。

そして「ビタミンB6」が挙げられます。脂肪分の代謝には欠かせない栄養素で、お酒を飲む機会の多い人は率先して摂取したい成分です。ビタミンB6を多く含む食品は、ニンニクやマグロ、カツオ、ピスタチオです。牛レバーにも豊富に含まれています。「ビタミンC」を含んだ食材も重要です。皮脂の酸化を防ぎ、コラーゲンの生成にも関係しています。よく知られているような柑橘類の他にも、イチゴやゴーヤ、豚肉、小松菜にも多く含まれています。最後に「ビタミンE」です。

血行を促進し、新陳代謝の向上を助けてくれます。いくらやすじこ、うなぎをはじめ、野菜では大根などに多く含まれます。ニキビの改善と予防に効果的な栄養素と食材を紹介しましたが、一番重要なのはバランスです。未来の美肌のために、バランスよく、そして美味しく食べることを心がけることを忘れないでください。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *