ニキビは皮脂が詰まることで出来ます

思春期の男女は、ニキビが出来やすい時期ですが、大人になってもニキビが出来る場合もあります。

特に出来やすい肌質の方は、オイリー肌のタイプです。皮脂が過剰に分泌する傾向にあるので、毛穴に皮脂が詰まりやすく、ニキビが出来てしまいやすいです。ニキビを出来にくい体にする為には、野菜や果物を食べて栄養バランスを整えることが大切です。

栄養が不足してしまうことで、体に毒素が溜まりやすくなり肌荒れが起きやすくなります。肌荒れしやすい方は、糖分の多い食べ物は控えた方が良いです。チョコレートやショートケーキは肌荒れしやすいので控えることが大切です。また、オイリー肌の方は油分は多いタイプですので、揚げ物は出来るだけ控えた方が良いです。

それでも肌荒れしてしまう場合には、食品アレルギーの可能性もありますので、病院に行ってアレルギー検査をすることをお勧めします。人によってアレルギー反応は違いますので、思わぬ所で反応が出ているのかもしれません。

肌荒れは毛穴に皮脂が詰まることで発生してしまうので、洗顔をすることがニキビを防ぐ一番のポイントとなります。オイリー肌の場合は、皮脂がとても溜まりやすいので、クレイ洗顔をすることをお勧めします。

毛穴の奥までしっかりと汚れを取り除くことが大事です。また、週に一度はピーリングをして、古い角質を除去しましょう。剥がれるはずの角質がずっと残っていることで、肌荒れやくすみの原因になります。ピーリングは肌荒れや毛穴にも効果的です。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *