ニキビが出来ないように気を付けること

ニキビは思春期から20代に出来やすい肌荒れです。

肌質が元々敏感肌の方や、皮脂が過剰に分泌してしまう脂性肌に出来やすい傾向があります。思春期のニキビは、ホルモンバランスの乱れや皮脂が毛穴に詰まることで出来ます。20代以降に肌荒れしてしまう時には、様々な原因があります。仕事の疲れなどからストレスを溜めてしまい、体に悪影響を及ぼす場合も考えられます。

ニキビを防ぐ為には、体の健康を一番に考える必要があります。栄養バランスの整った食事をすることが大切です。ニキビが出来やすい方は、お肉よりも魚を食べた方が良いです。また、野菜や果物を沢山食べて栄養バランスを整えましょう。油分を多く含む食品を食べると、翌日に肌荒れしてしまいやすくなりますので、チョコレートやケーキなどは控えた方が良いです。

マーガリンやアーモンドなども脂性肌になりやすくなるので、控えましょう。運動不足になると、栄養が体に行き届かなくなりますので、適度に毎日運動することが大切です。睡眠不足も血行不良になりますので、なるべく午後10時には眠りにつき、7時間程寝ると肌荒れが出来にくい肌になれます。

綺麗な肌の為には、良質な睡眠が大切ですので、眠る前にはスマートフォンを見たりしないように、軽くストレッチをしてから寝ましょう。それでも肌荒れしてしまう場合には、皮膚科の先生に相談してみることをお勧めします。病院の薬を処方してもらえますので、1週間程で肌の調子は良くなります。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *