乾燥肌はニキビにはなりにくいのかどうか

乾燥肌は、素肌が乾燥している状態ですから、ニキビにはならないイメージがあるかもしれません。

脂ギトギトの肌ならば、肌荒れになりやすいのはわかりますが、乾燥している肌ならば、ニキビになるとは考えにくいものです。実は、その考えは間違いなのです。乾燥肌であっても、ニキビができやすい人は少なくはないです。皮脂分泌量が少ないだけに、不思議な現象と感じることでしょう。

乾燥肌というのは、その名のとおり、肌が乾燥しています。その乾燥した状態は、肌の新陳代謝も遅れさせてしまいます。そのため角質層は厚みを増してしまい、いつの間にか蓄積されて、毛穴も塞いでしまいがちです。少ない皮脂でも、毛穴が塞がれれば外へは出ないので、そのまま酸化していきます。

アクネ菌増殖ということになってしまい、これがニキビに転じるパターンです。乾燥した肌は新陳代謝が著しく低下していますから、ニキビは目立ちやすいですし、治るまでには時間がかかります。肌の新陳代謝が遅くなると、毛穴に詰まった星や、積もり積もった角質は、そのまま留まります。

そのため、排出がスムーズにはいかないで、時間がかかります。肌荒れ予防のためには、肌における新陳代謝を正常化させることが、非常に大切になっていきます。素肌の新陳代謝が順調になれば、ダメージを受けた肌であっても、再生する力は高くなります。肌荒れした時にも、治るペースははやくなります。クレーターなどにも、なりにくくなります。大阪でニキビ治療をしたい方はぜひ検討してみてはいかがですか。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *