レーザー脱毛を大阪で受ける

大阪のレーザー脱毛では毛母細胞をレーザーの熱によって破壊することができるため、毛が再生しないようにすることができます。

レーザーは波長によって特定の色や物質のみに作用するという性質があるため、脱毛では黒い色素に反応するレーザーが使われるということです。ムダ毛が気になる部分にレーザーを照射することにより、レーザーがムダ毛に含まれるメラニン色素に反応し、毛母細胞を破壊するという仕組みです。

毛母細胞は一度破壊されると再生することがないため、永久的な効果を期待することができるでしょう。しかし、細胞を破壊するというのは医療行為にあたるため、大阪のレーザー脱毛は医療機関でしか行うことができないのです。レーザー脱毛は高い効果を期待できる脱毛方法なのですが、1回だけで全てのムダ毛を無くせるというわけではありません。体に生えている毛には毛周期という一定の周期があり、成長と脱毛を繰り返しています。

毛周期には成長期と退行期、休止期という3つの段階があるのですが、成長期は毛が成長する期間で退行期は成長が緩やかになる期間、休止期は成長が完全に止まって次の毛が生えてくる準備をする期間です。大阪のレーザー脱毛では成長期のムダ毛のみを処理することができます。成長期以外のムダ毛に照射しても意味がないため、毛周期に合わせて複数回の照射が必要になると知っておきましょう。2~3ヶ月に1回のペースで施術を行うことが多く、1~2年程度で完了するということです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *